フタバの借金は債務整理をする事ができる?任意整理・過払い請求・個人再生・自己破産3つの注意点

中小規模の消費者金融会社であるフタバは、「ブラックでも審査に通った」「大手では審査落ちだったけれど、普通に審査に通った」という内容の口コミも多いですね。

すでに複数社の借入をしている人にとっても比較的利用しやすい消費者金融として人気が高い会社です。

一方で、フタバでの借り入れをはじめとして、消費者金融との付き合いに慣れている人の中にも、生活環境の変化によってどうしても借りたお金が返せなくなった…という人もいらっしゃるでしょう。

フタバで借りたお金も、債務整理によって負担を軽減してもらうことは可能ですから、借金返済にお悩みの方は検討してみる価値はありますよ。

また、大切なことなので最初に結論からお伝えします。

『1年以上、借金の返済総額が減っていないor増えている。』

『このまま借金を完済するのは厳しいのは分かっているけど、利息だけ毎月支払うような状態が1年以上続いている。』

このような状態になっている方は、既に黄色信号が点滅している状態です。

まずは、匿名・無料で使える無料シミュレーションサイトで1度自分の状況を確認して下さい。

借りている金額や会社から、どのくらい借金が減るのか1分で簡単にチェックできます。

借金問題は先送りにすればするほど、状況は悪化するだけ。

悩んでいる間にも利息や遅延損害金は増え続けています。

匿名なので、会社や家族にバレることもありません。

まずは今すぐに、1度自分の借金はどれくらい減るのか確認をして下さい。
匿名・無料で使える借金減額シュミレーションはこちら⇒

それでは解説をしていきます。

フタバの借金を債務整理する際の注意点


フタバの借金を債務整理することを検討している方は、次のようなことについて注意してください。

①自分で債務整理の手続きをすると損をする?
②司法書士と弁護士では依頼できる内容が違うので注意
③安易に自己破産するのはNG

以下で順番に見ていきましょう。

①自分で債務整理の手続きをすると損をする?

債務整理は、法律上だれでも利用することができる方法です。

そのため、中には「専門家に依頼すると費用がかかってしまうから、自分で手続きをしたい」と考えている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、結論から言うとこれまでに法律実務の経験がない人が、自力で債務整理を行うことはおすすめではありません。

なぜかというと、債務整理はやり方を間違えると、本来は受け取れるはずのお金(過払い金など)が受け取れなくなってしまったり、複雑な裁判所での手続きが継続できず、途中で中断してしまったりといった事態になることが少なくないからです。

債務整理は借金が大きくなりすぎてしまっている人にとって非常に大きな効果のある方法ではありますが、その分だけやり方を間違えると本来受けられるメリットが受けられなくなってしまうこともあります。

債務整理の手続きの進め方について不安がある方は、専門家に相談しながら手続きを進めていくことを検討してみてください。

②司法書士と弁護士では依頼できる内容が違うので注意

債務整理の相談ができる法律の専門家としては、司法書士と弁護士の2種類があります。

債務整理を行うことを検討している方の中には、「どちらの専門家を選んだらいいのか?」と疑問に感じている方もいらっしゃるかもしれませんね。

結論から言うと、このような場合には「借金1本あたりの金額が140万円を超えるかどうか」によって判断するのが適切です。

例えば、フタバ借りているお金が150万円あるというような場合には、司法書士ではなく弁護士への相談を選択してください。

というのも、司法書士は「簡易裁判所で扱える法律事件のみ代理できる」というルールになっているのですが、この「簡易裁判所で扱える法律事件」というのが「1件当たり140万円を超えない金額の事件」だからです。

債務整理のための料金面では、一般的に弁護士よりも司法書士の方が安いのですが、借金の金額がかなり大きい人は弁護士を選択する必要があることを知っておいてください。

③安易に自己破産するのはNG

債務整理には任意整理・個人再生・自己破産の3つの方法がありますが、このうちもっとも借金減額の効果が大きいのは自己破産です。

自己破産では、未払いの税金などを除くすべての借金を免除してもらう(0円にしてもらう)ことが可能ですから、借金の金額が現在の収入から考えてかなり大きくなってしまう人にとっては非常にメリットの大きい方法といえます。

しかし、自己破産を選択することにもデメリットがあります。

例えば、別の方法ではブラックリストへの登録機関が5年間であるのに対して、自己破産では10年間ということがあります。

また、自己破産をした場合にはあなたが所有しているマイホームや自動車(下取りで値段がつくようなもの)といった資産は債権者に引き渡す必要があります。

任意整理や個人再生を選択した場合には、こうした状況は避けられる可能性もありますから、「自分がどの債務整理を選択するべきか?」については専門家と相談しながら慎重に判断するようにしてください。

債務整理したくてもお金がない…という方へ

フタバから借りたお金を返済できなくて困っている…という方の中には、「専門家に相談して債務整理をしたほうが良いのはわかっているけれど、専門家に相談したらまたお金がかかってしまうし…」と不安に感じている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、結論から言うとこの点についてはそれほど心配することはありません。

法律家の事務所では、あなたがお金がなくて困っていることはよく理解してくれていますから、債務整理の手続きに必要になるお金については後払いや分割払いを認めてくれているからです。

債務整理によって借金の負担を軽減してもらえたら、これまで借金返済に回していたお金はまるまる浮かせることが可能になります。

そうなれば、手続きがすべて終わった後に、専門家の費用を支払うことはそれほど大きな負担とはならないはずですよね。

専門家の費用相場はどのぐらい?

専門家に対して支払う費用は、どの債務整理方法を選択するか?によって異なります。

もっとも簡単な債務整理方法である任意整理であれば、債権者1件あたり4万円~5万円程度が相場になるでしょう。

また、個人再生や自己破産といった裁判所を通して借金減額を認めてもらう方法では、40万円~50万円ほどが料金の相場となります。

こうしてみるととても負担が大きい…と感じる方もいらっしゃるかもしれませんね(特に個人再生や自己破産について)

しかし、個人再生ではあなたの借金総額を5分の1程度にまで圧縮してもらえますし、自己破産では原則としてすべての借金(税金や社会保険料は除きます)を免除してもらえます。

借金の金額が大きくなってしまっている人ほど効果の大きい方法といえますから、そうした債務整理によって得ることのできるメリットと比較して、専門家に支払う費用というデメリットは非常に小さくなることがほとんどです。

ご自分の状況から判断して、債務整理を選択することにメリットがあるかどうかを検討してみてくださいね。

事前相談は無料で受け付けてくれている

また、多くの法律家の事務所では、正式に債務整理手続き依頼の契約をする前に、「事前相談」という形で無料で相談を受け付けてくれています。

「そもそも自分は債務整理したほうが良いのか?」という段階の方も、客観的な立場からアドバイスを受けることができますので、一度、事前相談の形で相談してみることを検討すると良いでしょう。

まとめ

今回は、フタバで借りた借金が返済できなくなってしまって困っている…という方向けに、債務整理という方法を選択するメリットやデメリットについて解説しました。

フタバなどの中小規模の消費者金融を利用している方の場合、他の大手消費者金融などではすでにブラック扱いになっていて、仕方なく利用したという方も少なくないでしょう。

債務整理を使えば借金の一部または全部の免除という大きな効果を得ることができますから、手続き後には生活が非常に楽になるはずです。

もう長年借金の返済生活が続いていて、もう限界…という方は、債務整理によって生活の再スタートを切ることも検討してみてくださいね。

債務整理は横山法律事務所にお任せ!

借金問題は相談がしにくいため、自分1人だけで抱え込んでしまう方は非常に多いです。
でしが、借金問題は後回しにすればするだけ事態は悪化するだけで良い事は一つもありません。

借金問題は、専門家に相談することで思っているよりも簡単に問題を解決し新しい生活を送ることができます。
実際に、借金問題を解決した多くの人が『こんなに簡単に終わるならもっと早く相談しておけば良かった』と言います。
取り返しのつかなくなる前に、1日も早く相談を行い借金に苦しまない新しい生活をスタートしましょう。


横山法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計2000件以上の実績がございます。
借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

横山法律事務所の無料相談はこちらです。